TOP

入門コース

STEP UP コース

体験ダイビング

ツアー案内

スケジュール

逗子ダイビング

ツアーリポート


リニューアル中です

ドルフィンスイム

ドルフィンスクール

SHOP紹介

STAFF

オーバーホール

リンク

RYO ブログ


Dive Kids Tour Report
2007年 1月


 A HAPPY NEW YEAR♪
 
みなさん、あけましておめでとうございます\^o^/
 いよいよ2007年の始まりです。

 私事ですが、ダイビングを始めて20年になりました。
 今年も新しい感動をお届けすべく奮闘してまいります!
 これからもよろしくお願いしますっ!
m(^_^)m

------------------------------------------------------------------

去年の今頃はどんなだっけ?今までのリポートも見てねっ!

♪ Dive Kids ツアーリポート ♪

2007年

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2006年

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2005年一覧

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月前

10月後

11月

12月

2004年一覧

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2003年一覧

大島

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月前

10月後

11月

12月

2002年一覧

1〜2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2001年一覧

2001年4月 Dive Kids OPEN

4〜5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月〜12月

 御蔵島ドルフィンツアー
 2002年版  03年5-8月  03年8-10月  04年4-7月  04年8-10月  05年4-5月  05年6-8月  05年9-10月
 06年4-6月

 '03年12月 SAIPAN  '05年G.W.小笠原(NAOK!さん作) '06年10月与論島

大晦日-元旦

伊東

水温15℃ 

年越カウントダウンダイブ

透明度 良好

 2006年の最終章でもあり、2007年の一発目でもある「年越しカウントダウンダイブ」
 
今回も元気に行ってまいりました♪

 伊東のビーチで行なわれる恒例行事。
 風も無く海も穏やか。お月様が煌々と輝く願ってもない良いお天気。
 気温は5℃と、さすがに陸は寒いんですが潜ってしまえば楽勝の気持ち良い潜り納め〜初潜りでした。

 夜11:00には潜る準備を整え、ビーチまで台車を転がし、準備万端でしばらく待ち、11:40にエントリー。
 水中でカウントダウンするにはこのタイムスケジュールが肝要なのです。
 夜だからフィンをはいたりするのもちょっと手間取るし、エントリー口からカウントダウン会場?まではちょっと時間がかかるのだ。
 他のチームはほとんどが出遅れてエントリー口やフィンをはいてる間に年が明けちゃったりとジタバタしている様子。
 ダイブキッズと同時刻にエントリーしていたのは、さすが地元で良〜くわかってる伊東ダイビングサービスともう1チームだけでした。
 と、自慢話はこれくらいにして.....。

 エントリーしてしばらくケミカルライトが誘導灯になっているガイドロープをたどって行くと、ケミカルライトで作られた「2007」の
 イルミネーション♪ その横には「HAPPY NEW YEAR」のイルミネーションと、除夜の鐘がわりのタンク(かなづち付)が設置されてます。
 これ組むの大変だったろうなぁ(^_^;) 
 いい時間にこのあたりに来れたのでみんなで写真撮りまくり、除夜のタンクをたたきまくり?、ゆっくり遊んだ後でカウントダウン♪
 無事、水中で新しい年を迎えたのでした\^o^/

    
           これ、写真撮るの結構大変なんです(^_^;)

    
                海の中でおめでとぉー m(^_^)m 

 EXIT口へ向かう途中は遅れてエントリーして来たチームで大混雑!
 みんな大急ぎで海中へ向かって行くところでてんやわんやでした。

 さて、そんな感じでめでたく終了したカウントダウンダイブ。
 サービスへ戻った時はほとんど誰もいなくて年越し(年明け)そばも一番乗り(^_^)v
 このおそばはとっても美味しくて、今年もやっぱり3杯!たらふく食って、幸先良い2007年のスタートを迎えたのでした♪
          
              すっごいおいしかったです(^_^)v 

 ガラガラの道を走って(お正月はホントにすいてます)ダイブキッズへ戻り、ログ付けの後、
 大船観音へ初詣に行って来ました。
 いや、スグそばにあってホントに便利です。
 観音様、穴場です。めっちゃすいてました♪
 胎内に入った時はダイブキッズ貸しきりでした。
 間近で見るライトアップされた観音様はなかなかのもんですよぉ!

       
             どーんとそびえ立つ神々しい観音様

 今年来れなかったみなさんは是非来年!ってか年末に!

 今年もよろしくお願いします m(^_^)m

1月 6日(土)

お店

 

マスタースクーバコース
学科講習でした

 

1月 7日(日)

 

 

爆弾低気圧襲来!
ツアーは中止でした

くもり

 

1月 13日(土)

安良里

水温17℃ 

どマクロ大会? 
この日のブログはこちら

透明度15m

         

 今日は久々の安良里♪お天気もぽっかぽかで絶好の安良里日和♪
 20度まで上がったと話題の水温の方はさすがにそのままではなく下がっていましたが、それでもこの時期異例の17℃。
 ウエットスーツ姿のダイバーがやたらに多く
半分くらいの人がウエットで潜ってました!

 さて今回のバトル相手はイザリウオ改めカエルアンコウとなった(ホントはまだなってない)
 
イロカエルアンコウ オオモンカエルアンコウ
 問題はそのサイズ! とにかくちっちゃい!

 イロカエルの方は久々の ご飯粒サイズ・5mm位!
 オオモンカエルに至ってはさらに極小 砂粒サイズ・3mm位!
ピンクです♪
 肉眼では「カエルアンコウらしきもの?」ってくらいのしか見えないんですが、めっちゃ可愛いかったですよぉ!


 他にも
イバラタツ や、冬の代名詞 マトウダイ
やたらいっぱいいた ミサキコウイカ 婚姻色がキレイな求愛中のヒメギンポ etc...。
50分以上 x 2DIVE でもまだまだ潜り足りない1日でした(^_^)v

  
             体長約5mmのごはん粒サイズ ミニイロカエルアンコウ      (Photo:Miki)
     
    下を向いてる イバラタツ        体長約3mmの砂粒サイズ ミニオオモンカエルアンコウ(Photo:Miki)

1月 15日(月)

江ノ浦

水温15℃ 

レスキューコース

透明度15m

 今日は江ノ浦でレスキュー講習。
 ここ江ノ浦もお天気ほかほか♪波流れなし♪透明度gooのベストコンディションでした\^o^/

  
 江ノ浦のエントリースロープ.....あれ?何か変???
 右側のガイドロープがなくなっているのです!
 先だっての低気圧でぶっ飛ばされたそうです!
 冬の暴走低気圧は下手な台風もまっさお!自然の力はオトロシイのだ!

 今日のごはんはやっぱり「一吉丸」。江ノ浦ならではのお楽しみなのです(^_^)v  →「一吉丸」グルメレポートはこちら♪

 
    アワビまで入った超豪華版「上ちらし寿司¥1,575♪       舌の上でとろけるような脂の乗った「カンパチのカマ焼き定食」¥1,470♪

1月 18日(木)

逗子

水温14℃ 

 

くもり/晴

透明度12m

 快晴の今日はマンツーマンで逗子に行って来ました。
 お客様は昨年の6月にカードを取って月一回のペースでこつこつ潜っているYUMIKOさんで、今日が初ボート♪
 このペースで続けているとさすがにうまくなりますね(^_^)v
 サボリがちのみなさん。継続が大事ですよぉ!

 冬のダイビングもこれだけお天気が良いとラクチン♪
 この時期の逗子にしては透明度がイマイチでしたが、
ネンブツダイやアジの群れはごっちゃり!
 
巨大マダイにクエ、イシダイといつものメンバーもたっぷり♪
 そして冬の逗子はエビ・カニ類やウミウシがどんどん増えて楽しくなって来ます。
 やたらいっぱいいたのが
オルトマンワラエビ きれいなので、カメラ持ってる人は撮り甲斐がありますね!
 
アカホシカクレエビ ゼブラガニ、ムチカラマツエビ。
 
深場に行けば華麗な ドフライニアシュリンプ
 
今はまだ種類が少ないですが ウミウシ も伊豆とは較べ物にならない位増えて、マクロ天国になってきます(^_^)v

 写真は、今日やたらいっぱいいた「アケウス」
 見た目は不気味なカニですが、意外と洒落者でカイメンや藻類をちぎって身体にくっつけオシャレしているやつもいます。
 (ホントはカモフラージュのためですが)この写真のは素のままですね(^_^;)
 
    「アケウス」体長2cm位で撮りやすいサイズ♪
 分布は東京湾〜九州なので、沖縄やリゾートではお目にかかれないのだ!

 さて、逗子と言えば「ゆうき食堂」
 季節によって、水揚げされたサカナによってメニューが変わる「ゆうき」ですが
 冬はなんつっても
「あん肝!」が登場するのがウレシイ\^o^/
 普通のところで食べるとやたら高い「あんきも」ですが、さすがゆうき食堂は安くっても特盛りです!
 「あんきも丼」とか「あんきも定食」を頼むとあまりの「あんきも」の多さに途中でいやになってしまうので注意しましょう。

 
      「あん胆とアジ刺身の2点盛定食」 ¥1,000!

1月 20日(土)

学科

 

L.S.F.A.(救急法コース)

 


 今日は「L.S.F.A.コース」
 心配蘇生法やAED(電気ショック)の使用法等、普段の生活の中でも絶対受けておいたほうが良い救急法のコースです。
 昨日は折しも阪神淡路大震災のあった日で、TV等でも色々な番組で取り上げられていましたが、こういった災害の時のみならず
 日常生活の中でも、たとえば家族や友人、大切な人が目の前で心臓発作を起こしたり、事故にあったりして倒れた時、その場での
 応急処置が生命を救えるか否かの分かれ目になります。

 -----------------------------------------------------------------------------------

 人間は酸素を必要としています。
 酸素は血液によって身体の各組織に運ばれます。
 心臓が動きを停止してしまうと血液の循環が停止し、酸素が各組織へ運ばれなくなり組織が死滅してしまいます、
 中でも人間にとって一番大切な脳は無酸素状態に弱く、血流停止後3〜4分で回復困難なダメージを受け始めます。
 救急車が指令を受けてから現場へ到着するまで早くても6〜7分。
 その間にそばにいる人が何もしないままでいると助かるはずの生命も助からず、仮に助かったとしても後遺症が残ってしまいます。
 心停止等の場合は即座に心配蘇生法やAED(電気ショック)の使用を行なう事が絶対に必要なのです。

 心配蘇生法やAED(電気ショック)の使い方は一度、習ってしまえば誰でも出来る位、簡単なのですが、習った事がないとどうにも
 手の施しようがないままオロオロしているだけになってしまいますよね。

 今まで一般の方には敷居が高かったように思われていた救急法ですが、去年の秋からこの「救急蘇生法」のやり方が全世界的に改訂
 され、誰でも無理なく行えるように変わっています。

 -----------------------------------------------------------------------------------

 今日は6名の方が受講され、とっても有意義な一日となりました。
 消防署の方(今までに300名くらいの方に心配蘇生を施しているそうです)も聴講にいらして、実際の現場のお話を聞く事も出来、
 僕自身も大変勉強になりました。
 消防署のほうでも救急法の指導をおこなっているわけですが「このL.S.F.A.コースは素晴らしい!」と、賛辞の声をいただきました。

 自分の家族や大切な人に万が一の事があった場合、とりかえしのつかないことにならないように、是非このL.S.F.A.コースを受講して
 おきましょう!

 今後は1〜2ヶ月に1回程度のペースで開催して行く予定です。ご予定の合わない方も出来るだけスケジュールの調整をしていきます
 ので、日程に関してはご相談ください。

 L.S.F.A.(救急法コース)の詳細はこちら

1月 21日(日)

熱海

水温15℃

沈船

はれ

透明度20-25m

 今日は熱海♪ 昨日の雨も上がってお天気も良好♪ 絶好のダイビング日和でした。

 ご予約いただいていた方が約1名。朝、時間になっても現れません.....。
 電話をしても留守電になってしまいます.....。20分程待ってもいらっしゃらないので出発したら、その後で電話がかかってきました。
 「寝坊してしまった(>_<)」そうです。
 まぁこの寝坊と言うのは本人の意志にかかわらずしてしまうことがあるわけで(僕もたまにやります。ゴメンナサイm(-_-)m)
 一概に責められるものでもなく....なんとも辛いとこですね(^_^;)次回はよろしくお願いしま〜す(^o^/~

 と言う事で今日はマンツーマン。
 お寝坊してしまった方は残念でしたが、
透明度めっちゃ良かったです(^_^)v
 昨日の雨のせいでちょっと白っぽいというのはあったのですが、それでも充分よ〜く見えてました♪
 潜った事のある人は知ってますが、熱海の沈船「旭16号」は前部と後部がポッキリ折れて少し離れて沈んでいます。
 透明度がかなり良くないと、後ろ半分は見えなかったりするのですが、今日はクッキリ見えてもちろん全周コースで回ってきました。
 昨日、一昨日と2日連続で出ていた期待の「マンボウ」くん。今日は残念ながら現れませんでしたが.....。
 そう言えばマンボウニュースのせいで、ダイバーはやたら多かったです(^_^;)
 もうひとつのお目当て「洞窟」の方は今日は残念ながらクローズ(;_;)
 代わりに「ビダガ根」の方でのーんびりマクロ撮影なんかを楽しみながら回って来ました。

 今日のグルメは「麦とろ童子」というところへ。

 

    「びーとろ」ローストビーフのとろろ芋ごはん&カニ汁 ¥2,100

       グルメ・ブログはこちらをどうぞ♪

1月 28日(日)

学科

 

レスキューコース学科講習でした

はれ

 

 今日はレスキューの学科講習。
 このレスキュー〜マスタースクーバは学科の内容も一段と濃くなって面白くなります
 ダイビングを安全に楽しむための”肝”が、ここにつまってるんですな (^_^)v

 レスキューって言うと「自分だけで精一杯なのに人助けなんてとてもとても....。」と、敬遠しちゃう人も多いんですが、ここで
 核となるのはまず自分の安全のためのスキルアップ。ちょっと自信のない人にこそ受けていただきたいコースです。
 不安や苦手に思っていながら何となくいっつも潜っちゃってる部分をしっかり見つめ直す所から始まるのがレスキューコース。
 自分に自信をつけるためにも是非受けてみてくださいね♪

1月 29日(月)

江ノ浦

水温15℃

アシスタントインストラクターコース
マスタースクーバコース

くもり/はれ

透明度10-15m

 今日は江の浦で「AI/アシスタントインストラクター」&「MS/マスタースクーバ」講習でした。

 レスキュースキルを中心にした講習を行なったのですが、NAUIでは、レスキューコース 〜 マスタースクーバ〜ダイブマスター 〜
 アシスタントインストラクター 〜 ITC/インストラクターコース 〜 IQ/インストラクター検定試験と進む中で毎回レスキュースキル
 をくどいほどやって完璧に仕上げていきます。
 リーダーシップをとるガイドやインストラクターのレスキュースキルがおろそかでは困ってしまいますからね。
 もちろん事故を起こさないことが絶対条件という中での事ではあるのですが。

 海の中では何が起こるかわかりません。
 海洋状況、自然環境によるトラブル。器材のトラブル。個々のダイバーのスキルや不注意によるトラブル。判断ミス。
 様々なトラブルに対処できるよう日頃からスキルアップしておくのはとても大切な事なのです。
 最初のレスキューコースではちょっと大変だったことも回数を重ねるにつれて落ち着いて出来るようになっていきます。
 今日の受講生の方達も真剣に取り組んでくれてかなりの上達ぶり。ちょっと一安心でした

 ところで、このレスキュー練習の際には水面で人工呼吸をしながらの器材脱装というのがあります。
 少しでも早く陸上へ搬送するために、邪魔なタンクやウエイトを捨てて身軽にしていくわけですね。
 で、外した器材をぽんぽん投げ捨てて(?)いくのですが、当然、後で回収します。
 これが、透明度の悪い時はなかなか見つからなくて大変だったりするのですが、今の季節は透明度が良いので探すのも楽チン♪
 もう気前良く、ほいほい落っことせちゃいます(^_^)v

 みなさん、レスキュー講習やるなら今ですよぉ〜

2月へ続く

 ■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■
                
           

月 吉日(♪曜日)

 水温 ℃  

今日もサイコー\^o^/ 

晴れ

透明度 ♪ m

     次回、ココに登場するのはアナタですっ\^o^/

          ヨロシクねっ(^_^)v

■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■

ダイブキッズ
大船駅西口まん前徒歩1分
営業時間:11:00〜20:00
火曜日定休
(ツアー・スクールは毎日可)
〒247-0072              
鎌倉市岡本1-2-35 大船プラザ2−D
TEL:0467-40-1540
FAX:0467-40-1560
携帯:090-2153-3798
e-mail:
dive@kids.email.ne.jp

携帯メール:dive.kids.since-01@docomo.ne.jp

このページのTOPへ


HOME